昨今注目されるシーティング技術。評価から介入さらに保険点数請求における基準など多角的に情報をリサーチしてまいります。なお、予測も含まれるのでその点はご了承ください。

厚生労働省の疑義解釈を受け、各種情報共有が始まる

平成29年9月27日、HCRにて「車椅子シーティング財団」より緊急セミナーが開催される。

和洋女子大学 高木憲司先生『「シーティング」診療報酬上明確化』
・「シーティング」をめぐるこれまでの社会的状況
・7月28日発出厚生省疑義解釈通知の“解釈”
・将来への展望/希望
シーティング研究所代表 木之瀬隆先生『シーティング評価と用語解説』
・基本座位姿勢
・身体寸法計測法
・誤ったシーティング
JR東京総合病院リハビリテーション科 遠藤真弘先生『ケース紹介』
・急性期医療機関において、シーティングと大規模自宅改修によって自宅退院されたケースの紹介
戸田中央リハクリニック 竹内章朗先生『回復期リハビリテーションにおけるシーティングチーム』
・院内シーティングチームの活動紹介
・院内車椅子/クッションレンタル制度の紹介
・車椅子の選択と調整により改善が得られたケース紹介

HCR緊急セミナーで提示された評価・検査項目


セミナー資料全体を通して説明〜紹介されている評価項目は、

座圧評価

Hoffer座位能力分類(JSSC版)

車椅子5m駆動時間計測 (JSSC版)

ズレ量ズレ度評価(JSCC版)

FIM(functional Independence Measure)のうち、座位姿勢に関する項目


と、なります。

くわしくは、こちら。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

メンバーのみ編集できます